シミは“2日以内”がカギ!すぐにでも実践したい対処法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線量が強いのは真夏だけだと思って油断していませんか?

紫外線が危険なのは夏だけじゃない!5月がもっとも危険なんです! 

冬のうちは紫外線量が比較的少ない為、肌の紫外線に対する抵抗力が低下しています。

そこに春になって増えてきた紫外線を浴びると、抵抗力がないため肌へのダメージは、

夏以上のものになるとすら言われています。これが、5月から増え始める、春の日焼けです。

紫外線による肌ダメージのことを光老化と言い、

シミは長い年月、紫外線を浴び続けたことで起こる肌の老化現象となります。

シミ、たるみ肌

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線が、肌のターンオーバーに欠かせないコラーゲンを破壊することで、

シミの元にもなるメラニン色素を過剰につくり出し、

排出されずに色素沈着を起こしてしまい、これがシミになってしまうのです。

紫外線は、シミだけでなく、お肌の乾燥を及ぼし、

シワ、たるみの原因ともなるため、次々と老けてみられる要素を作り出す一方なのです。

夏だけではなく、その前後もきちんと対策することで、

5年後、10年後の肌にシミ、シワの無い若々しい肌でいられる、大きなカギとなるわけですね。

それじゃ、万が一油断して紫外線を浴びてしまった肌は、どうすればいいのでしょうか?

紫外線により乾ききった肌…

シミ、シワができるのをただ待つしかないのでしょうか?

 そこで!!

【紫外線をシミにしない緊急対処法】をご紹介いたします。

シミは今日、紫外線を浴びたからといって、明日できるわけではありません。

「日焼けした肌は、1~2日のうちにケアすれば、シミを防げると言われています。」

 ここで、オススメなのは保湿力効果のあるスキンケア化粧品を使用することです。

美白化粧品を使用していなくても最低限、

十分な保湿をすることで、肌ダメージを進ませないことが大切なのです。

 

一日の始まりと終わりのスキンケアでは、化粧水とクリームで肌に必要な水分と油分、

さらに美容液でしっかり美容成分を送り届けて、透明感のあるうるおい肌を維持してください。

 保湿は、アフターケアだけでなく予防としても効果的。

紫外線によるダメージを未然に防ぐという役目もあります。

 つまり、毎日保湿していれば、アフターケアと同時に予防もできます。

外出の多いことがわかっている日の前日には、普段のケアにパックを取り入れるなど、

プラスアルファの保湿も有効的。

スキンケア、保湿

また、顔と同様に、体の日焼け対策や予防にも保湿は効果的と言えます。

保湿の大切さは、

皮膚科医の先生や、多くの美容家さん達が共通して言ってきました。

「保湿は一日にして成らず!!」

毎日行うことで、ダメージを受けた肌を修復し、

5年後10年後のシミやシワ、将来「こんなはずじゃなかった」とならないように、

早め早めのケアを心がけたいですね。

 

この記事を書いた人

早苗

BEAUL-ビュール公式オンラインショップ

コラム

Tweet

初回限定お試し5日間セット